「ビジネスホテル社員→性的な店勤務」児童養護施設を出た20代女性が味わった”二度の絶望”が・・・

「ビジネスホテル社員→性的な店勤務」児童養護施設を出た20代女性が味わった”二度の絶望”が・・・

1: 名無しのスコールさん 2021/10/19(火) 17:53:07
https://president.jp/articles/-/50498

施設を退所した後、女性は正社員としてビジネスホテルに就職した。社宅も完備されていた。女性は平均週休1日のペースで働いたが、月収は手取りでおよそ12万円だった。

女性は激務がたたり、過労により腰を痛めてしまう。そして緊急手術と入院療養が必要になったことを会社側に伝えると、一方的に解雇を通告されたのである。それは社宅からも追い出されることを意味していた。

ある日突然、路頭に迷うことになってしまった女性は、まず出身の児童養護施設に電話で相談した。

しかし、受話器の向こう側にいた施設のスタッフは、助けを求める女性に対し、予想もできなかった言葉を口にしたという。

「悪いんだけど、ここでは対応できないな。役所に行ってみて、そこで相談しなさい」

女性は一縷の望みをもって役所の窓口を訪れた。行政であればなんとかしてくれる、という思いがあったからだ。

ところが、ここで女性はまさかの二度目の絶望を味わうことになる。

「まだ親御さんが生きてますよね。親が生きている場合には、まずは親を頼ってください」

無論、女性は親とのつながりを断っていた。行政の社会福祉というセーフティネットからも見放された女性。たどりついたのは性水商売店での勤務だった。まとまった金が手に入り、雨風をしのげる住まいも用意してくれる場所は他にはなかった。

引用元: https://girlschannel.net/topics/3652106/

続きを読む