“パパ活”で出会った男性と愛人契約をして騙された被害女性の思い違い

“パパ活”で出会った男性と愛人契約をして騙された被害女性の思い違い

WS000030

1:ビクテグラビルナトリウム(大阪府) [IN]:2021/09/24(金) 17:09:39.83 ID:fsFHq9wh0
ネットで話題の“パパ活” 愛人契約をして騙されたという被害女性の思い違い

ネットニュースなどで話題になっている、パトロン(パパ)をみつけ、金銭的なサポートを受ける“パパ活”。SNSや出会い系サイトを利用してパパ活で愛人募集をしている女性が増えているという。週に1回、数時間会うだけで月に数十万円という収入を得ることも可能なため、ラクに稼ぎたい女性がサイトに集まっている。

出会い系サイトといえば、男性が被害にあうケースが多かったが、最近ではこの“愛人募集”を利用した女性がターゲットの“詐欺”が増えているそう。出会い系サイトで騙された経験のある女性・Aさんに話を聞いた。

「最初に出会い系サイトに登録した理由は“遊べる相手が欲しかったから”。当時は結婚していて、旦那に不満があったので金銭目的ではなく発散できる相手を探していました。その後、離婚に至ったのですが、1人で暮らさなくてはいけなくなったので、これからはお金に余裕のある人と会いたいと思ったんです」

Aさんは離婚後、すぐに彼氏を作る気にはなれず、割り切って会える相手を探すようになったという。ほどなくして、ある男性からメールが来た。

「既婚者で子どもがいる30代前半のサラリーマンでした。メールでは仕事や趣味の話などで盛り上がり、一度会ってみようという流れに。

とても気が合うので今後も関係を続けたいとお互い思ったんですが、男性には家庭があるので割り切った付き合いをするために愛人契約をすることになったんです」

一度のデートで2万円をもらう約束をし、その日も2万円を受け取り帰宅したAさん。しかし、長くは続かなかった。

「その後、数回会い、身体の関係も持ちましたが、“手持ちがないから次回まとめて渡す”と引き延ばされ、音信不通になってしまいました」

突然連絡が途絶えてしまった男性。自分からお金を催促することができなかったのが悪いとAさんは後悔しているようすで話した。

https://www.jprime.jp/articles/-/7825

元記事:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1632470979

続きを読む