「俺は金は持っている 金の心配はいらん ただ、ご飯と掃除さえしてもらえば良い」とスーパーの従業員に結婚の申込みをしまくる60代後半のジジイ

「俺は金は持っている 金の心配はいらん ただ、ご飯と掃除さえしてもらえば良い」とスーパーの従業員に結婚の申込みをしまくる60代後半のジジイ

WS000007

390:名無しさん@おーぷん:21/07/19(月)10:42:42 ID:S0.ut.L1
60代後半のジジイに結婚申し込みされる寸前の所までいった話。

スーパーで仕事してる。
品出ししてた時にジジイから声かけられたのよ。
最初は商品探してるのかもと思いお客様として応対してたんたけど、何故か徐々に私の接客の仕方とか個人的な事に話がシフトしてん?って思った。
段々気持ち悪いなーと思って、んでジジイから「君って独身?」て言われ、ふっと思う事があったので正直に言ったのよ
「はい、独身です。要介護の母の面倒を見てます」
って言ったら、ジジイすっと表情が消えて「大変ねー、頑張ってねー」って言って帰ったわw

んで確信した。こいつ、昨日うちのチーフ(60代前半)に結婚前提に付き合ってくれって言った奴だって。

元記事:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1625909074

続きを読む