よく見かける四大マウント「職業マウント」「結婚マウント」「学歴マウント」 あと一つは?

よく見かける四大マウント「職業マウント」「結婚マウント」「学歴マウント」 あと一つは?

WS000032

1::2021/06/10(木) 18:18:38.61 ID:/8N9Kb/p0
高圧的な態度でマウント取る人って嫌だな…。
2021年6月6日 20時30分

同僚や友人に高圧的な態度でマウントをとる人。毎日顔を合わせねばならず、次は何を言われるんだろうとビクビクする。帰宅からも思い出して落ち込む…。相手が言っていることは、正論のときもあれば、納得がいかないときもあります。このようなタイプとは、どのように付き合えばよいでしょうか。ここはアドラー心理学で解決しましょう!アドラー派の心理カウンセラー・小倉広さんに話を聞きました。

自分で対処せず、リーダーに説明を
— 職場で高圧的な態度を取る人や、なぜかマウントを取ってくる人に困るケース。どのように付き合ったらよいでしょうか。

小倉さん:
高圧的でマウントをとる人は、そういう態度をとることによって対人関係の課題から逃げている「優越コンプレックス」の状態にある、とアドラー心理学では考えます。人は誰もが対人関係の課題を解決しながら生きています。

しかし、その課題に直面せずに逃げる場合に二つの方法があります。一つは弱さを使う「劣等コンプレックス」。もう一つが強さを使う「優越コンプレックス」。いずれも、対人関係の課題から逃げている。本当に課題に向き合う人は「協力的」に「みんなが幸せになるために私には何ができるだろう」と考え、行動する。アドラー心理学ではこの人だけが勇気がある人である、と考えます。

全文
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/20322040/

元記事:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1623316718

続きを読む