老夫婦が営む定食屋で「美味しかったです」の一言・・・ 一人一人が感謝の一言を心がければ、世の中全体が少しずつ幸せになるに違いない

老夫婦が営む定食屋で「美味しかったです」の一言・・・ 一人一人が感謝の一言を心がければ、世の中全体が少しずつ幸せになるに違いない

WS000017

1:記憶たどり。 ★:2020/12/15(火) 22:58:25.05 ID:cPM2GSgf9.net

ちょっと悩んだけど、「美味しかったです」って言った…

ミュージシャンの前里慎太郎さんが紹介した『老夫婦がやってる定食屋で、言わない方が粋かちょっと悩んだけど、
「美味しかったです」って言ってお会計済ませ、外出て引き戸を閉めた。そこで「美味しかっただって、良かったね」って
中でお婆さんが言ってるのが聞こえて、これからは口に出していこうと思った。』というエピソードにSNS上で大きな反響が起こっている。

最近はチェーンの飲食店が増えたことから「ごちそうさま」すら言わずにお店を出てしまう人が増えているというが、
そもそもお客とお店というのはこのように感情のこもった言葉のやり取りをするのが普通だったはず。
なにか大切なことを思い出せたような嬉しさのあるこのエピソードに対し、SNSユーザー達からは
「私も料理人なのですが、この言葉は我々に取ってとても嬉しく、どんなにクタクタに疲れていても疲れが吹っ飛ぶ言葉です。」
「大阪の方だと、ごちそうさん、とかよく言う人多いけど、他の地域ではあまり無い習慣ということに驚いたときもあったな。」
「自分もこういう"好き"な気持ちはしっかり伝えていこうと改めて感じました。」「松屋の様な食券制のお店は無言で出て行く人が多くて、

吉野家の様な対面式のお会計の店舗は、計算をお願いする意味合いでも「ごちそうさま」など声を出す人が多いと聞いたことあります。」
など数々のコメントが寄せられている。

以下ソース

https://news.yahoo.co.jp/articles/4e4f8f37b79463dcd5f8143d10c01f99008321c5

元記事:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1608040705

続きを読む