子育てのプロ「怒るのではなく叱れ。その場で短くシンプルに。目を見て低い声で。人格否定はNG」

子育てのプロ「怒るのではなく叱れ。その場で短くシンプルに。目を見て低い声で。人格否定はNG」

WS000011

1::2020/10/03(土) 21:04:10.83 ID:yZhNuVSi0
「怒るのではなく叱りましょう」というのは、よく言われていることですよね。でも、具体的にどうしたら「叱る」になるのか、よくわからないというかたもいるでしょう。そもそも、怒ると叱るの違いとは何なのでしょうか? そんな疑問を解決して、上手な叱り方を身につけましょう。

「怒る」は自分の感情をぶつけるもの「叱る」は相手へのアドバイス

「怒る」と「叱る」は、このような違いがあります。

怒るは、感情的に自分のイライラや怒りをぶつけるもの。
叱るは、相手のためを思いアドバイスをしたり注意をしたりするもの。

つまり、怒るは自分のために、叱るは相手のためにするものとも考えられます。でもこれは、相手の受け取り方によっても違うでしょう。いくら相手のためを思って「叱った」つもりでも、相手にとっては「怒られた」と受け取られる可能性もあります。

もちろん子どもの場合は、その違いが明確にわかっているわけではないでしょう。でも、大人の伝えたいことを正確に子どもに伝えるためには、「伝え方」も大切。それでは、どのようにすれば上手に叱ることができるのでしょうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8f18a7943cfe6d384b3b9d7d0f22f68a6c21938e

元記事:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1601726650

続きを読む