2019年の出生数は86万5234人で初の90万人割れ 出生率は1.36で前年から0.06低下 少子化加速

2019年の出生数は86万5234人で初の90万人割れ 出生率は1.36で前年から0.06低下 少子化加速

WS000017

1:ばーど ★:2020/06/05(金) 15:09:08
厚生労働省が5日発表した2019年の人口動態統計によると、1人の女性が生涯に生む子どもの数にあたる合計特殊出生率は1.36となり、前年から0.06ポイント下がった。4年連続の低下で07年以来12年ぶりの低水準になった。生まれた子どもの数(出生数)は過去最少の86万5234人に落ち込んだ。少子化が政府見通しを上回るペースで加速している。

出生率は05年に1.26まで下がった後、15年には1.45まで上昇していた。16年以降は再び低下の道をたどっている。晩婚化や結婚しない人が増えていることの影響が大きい。19年に平均初婚年齢は夫が0.1歳、妻が0.2歳上がった。

以下全文はソース先で

2020/6/5 14:38
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60014450V00C20A6MM8000/

元記事:
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1591349612
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1591337348

続きを読む