【天気の子】 森嶋帆高「俺は、そんな夏美さんが好きですよ」 須賀夏美「へっ?」

【天気の子】 森嶋帆高「俺は、そんな夏美さんが好きですよ」 須賀夏美「へっ?」

EOdIXvkW4AAKo7s
1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2020/02/21(金) 01:06:35.70 ID:jYVo7zbZO

雨。雨、雨、雨。

今日も東京には雨が降っている。
父親と喧嘩した際にぶん殴られたことに腹を立てて、家を飛び出した時と同じく、雨。
その時のことを思い出すから、雨は嫌いだ。

「ただいま戻りました」

傘を閉じて傘立てに置いて、事務所に入る。
K &Aプランニング。僕の勤め先だ。
業務内容は都市伝説やら超常現象やら、そんなオカルトじみた記事を出版社に持ち込む仕事。
出来が良ければ買い取ってくれるが、成功率はそこまで高くはないのが実情であり現実だ。
無論、給料は最低賃金を大幅に下回っている。

それでも身分証を持たない子供を雇ってくれて、あまつさえ寝床を提供して貰っている現状、文句を言ったらバチが当たるだろう。

ずっと憧れていた東京での暮らしは想像よりも厳しく、家出少年の居場所は他にはない。
だから僕は、その恩義に報いようと仕事に精を出しているのだけど、そもそもそれ相応の特ダネがなければ売れるような記事は書けない。

そんな特ダネがそうそうそこらに転がっている筈もなく、近頃、K&Aプランニングは開店休業状態であり、故に僕は暇を持て余し、取材という形でとある都市伝説を追っていた。

100%の晴れ女。

幸運が味方して、偶然に恵まれる形で件の晴れ女と知り合った僕は、その都市伝説を利用したアルバイトを行ない、今日も大都会の一角を無事晴天にして、こうして帰ってきた。

続きを読む