多摩川に飛び込んだ16歳高校生死亡、一緒にいた同級生「ラップで韻を踏む遊びをして罰ゲームで飛び込んだ、しばらく泳いでたが沈んだ」

多摩川に飛び込んだ16歳高校生死亡、一緒にいた同級生「ラップで韻を踏む遊びをして罰ゲームで飛び込んだ、しばらく泳いでたが沈んだ」

1: 名無し募集中。。。 2019/12/20(金) 12:04:06.30 0
19日夜、川崎市内の多摩川で橋脚から飛び込んで死亡した16歳の男子高校生について、
現場に一緒にいた同級生が「しばらく泳いでいたがその後、沈んだ」と話していることが警察への取材でわかりました。
同級生らは当時の状況について「一緒に遊んでいて、罰ゲームで飛び込んだ」と説明しているということで、警察がさらに詳しく調べています。

19日夜11時すぎ、川崎市幸区の多摩川で市内の高校1年生、太田羅月さん(16)が水中に沈んでいるのが見つかり、病院で死亡が確認されました。

警察によりますと、この1時間半ほど前に近くにある橋の橋脚をのぼり、およそ5メートルの高さから川に飛び込んだということです。

現場には、ほかに中学時代の同級生5人がいて、警察に対し「ラップで韻を踏む遊びをしていて、罰ゲームで飛び込んだ」と説明しているということです。

さらに当時の状況については、「川の中ほどにある橋脚まで橋の裏側を通って行って飛び込んだあと、しばらくは泳いでいたがその後、沈んだ」と話していることが警察への取材でわかりました。

これまでの調べで、同級生がスマートフォンで撮影した動画が残っているということですが、飛び込みを強要されたり周囲から、はやしたてられたりする様子は確認されていないということです。

警察が、当時の状況をさらに詳しく調べています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191220/k10012222151000.html

music_rap_battle

続きを読む