「一重まぶた=非国民みたいな生きづらい世の中」 白熱する『一重まぶた論争』 SNS社会でルッキズム(=外見主義)の呪いに苦しむ人たち

WS000030

1:すらいむ ★:2019/11/13(水) 21:23:25
「一重まぶた」論争 “ルッキズム”の呪いとは?

 「一重まぶた=非国民みたいな生きづらい世の中」
 「なあーにが一重まぶたが好きな男性の割合が高いだ どうせそいつの好きな芸能人は二重まぶたです解散」

 11月5日から翌6日にかけ、ツイッター上でトレンドワードになった「一重まぶた」。
 容姿の美醜への価値観を巡って、ネットでさまざまな意見が交わされました。
 5日と6日の2日間に「一重まぶた」を含むツイートは、1万6000超(リツイート含む)。
 批判的な書き込みも見られ、ちょっとした”炎上”状態になりました。

 「一重まぶた」の炎上がどこから生まれ、どのように議論が広がっていったのか、その背景には何があったのか、トレンドワード「一重まぶた」の深層を、徹底追跡しました。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

NHK NEWS WEB 2019.11.13
https://www3.nhk.or.jp/news/special/net-trend/article_08/

元記事:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1573647805

続きを読む