茨城一家殺傷事件、闇が深すぎる

1: 風吹けば名無し 2019/09/24(火) 11:17:05.11 ID:2kyKA4PQ0
・ド田舎で地元住民じゃないと入り口もがわからないような林に隠れた家
・家族は近隣住民からの評判も良く、トラブル話など全く出てこない
・強盗が狙うような家ではない
・両親は執拗に刺され亡くなる
・長男も切られるが軽症、次女は謎のスプレーかけられる

・長女だけ1階で寝てたため無傷
no title

20: 風吹けば名無し 2019/09/24(火) 11:22:46.75 ID:2kyKA4PQ0
すまん長男は重傷だったわ

中学1年の長男(13)と小学6年の次女(11)の子ども2人も重軽傷を負い、
町内の病院に搬送された。2人の命に別条はない。県警は殺人事件と断定し、
境署に捜査本部を設置。外部から侵入した何者かに、一家が刃物などで襲われたとみて捜査している。

県警によると、通報は固定電話の子機からで、美和さんがかけたとみられる。「
助けて」と話すなど切迫した様子だったことから、襲われている最中だった可能性もあるという。

夫婦は首や顔など数カ所に刺し傷や切り傷があり、小林さんはあおむけ、美和さんは横になった
状態で同じ寝室に倒れていた。長男は腕や両足を切り付けられ、重傷を負った。
捜査関係者によると、次女は「スプレーのようなものをかけられ両手がヒリヒリする」と救急隊員に痛みを訴えた。

きょうだい2人は2階の子ども部屋にいて、4人はいずれも就寝中に襲われたとみられる。
一家は5人暮らしで、1階の自室で寝ていた大学3年の長女(21)にけがはない。


続きを読む