Dカップ以上の割合53.1%、平成30年間で3倍に トリンプが最新版「下着白書」を発表

WS000010

1:ばーど ★:2019/08/03(土) 06:48:58.46 ID:PzESuLHH9.net
2019年8月2日
発表!トリンプ「下着白書 vol.19」2019年版の注目は 女性のバストサイズの “大きな” 変化Dカップ以上割合53.1% 平成30年間で3倍に

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000076.000040640.html

トリンプ・インターナショナル・ジャパンが、2018年度の下着に関するアンケート結果をまとめた「下着白書 vol.19」を発表した。

同社では2000年から隔月で下着に関するインターネットアンケート調査を実施し、「下着白書」として報道関係者向けに毎年発行。下着の所有数をはじめ、年間の購入枚数やブラジャーに求める機能、色やデザインの好み、下着にまつわる恋愛事情など65項目にわたり詳細に分析している。

下着白書 vol.19では平成30年間における女性のバストサイズの変化として、年間売上データに基づいたブラジャーのDカップ以上の割合を紹介。集計をスタートした1980年はAカップが58.6%と半数以上を占め、Dカップ以上の割合は4.5%、10年後の1990年では17.6%と2割に満たない結果だったのに対し、2018年はDカップ以上が53.1%と半数を占める結果になったという。

:8/2(金) 15:26
FASHIONSNAP.COM
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190802-00010000-fashions-life

https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190802-00010000-fashions-000-view.jpg

元記事:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1564782538

続きを読む