特攻隊員の遺書、読んだことありますか?

特攻隊員の遺書、読んだことありますか?

1: カッパ(やわらか銀行) [ID] 2019/06/24(月) 13:17:32.83 ID:v+OOxq0o0 BE:468394346-PLT(15000)
「平和の礎」に新たに42人の名が刻まれた。海軍航空隊宮崎基地から
沖縄の米艦船に向けて出撃した神風特別攻撃隊第三御楯706部隊の
松尾巧さん=当時(18)=もその一人。昨年、追加刻銘できることを知らされ、
申請したという佐賀県武雄市の遺族を訪ねた。
「墓石に刻まれた軍歴以外のことはよく分からない」。飛行服で腕組みした巧さんの遺影を
見て、おいの松尾近一さん(71)は言った。自身は戦後生まれ。巧さんの兄に
当たる父も祖父も何も語らぬまま逝ったという。残された日記や手紙を読み解くと、
生前の姿が浮かび上がってきた。

 1941年8月~同10月の日記には、≪麦の日干し≫≪大根に虫が居るので取った≫
など入隊前の日常がつづられている。満州事変以降、国際社会で孤立を深めていた
日本はこの時期、急速に軍国主義に傾いていた。同年12月1日、巧さんは15歳で志願し、
岩国海軍航空隊に入った。太平洋戦争開戦1週間前のことだ。

no title


続きを読む