【このすば】 めぐみん「少し席を外しますね」 カズマ「う◯こか?」」

tumblr_ojzpvelZY31qdvrdyo2_1280
1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします :2018/07/19(木) 21:10:44.42 ID:bWrcWJ2t0

カズマ「ごちそうさん」

めぐみん「はい、お粗末さまでした」

始まりの街、アクセルは今日も平和である。
朝起きて、めぐみんが作った朝食に舌鼓を打ち、食後の一服。午前の紅茶は実に優雅だ。
もっとも、朝食とは言ったものの既に早朝とは言えず、だいぶ陽は昇っている。普段通りだ。

屋敷にダクネスとアクアの姿はなく、めぐみんに尋ねると2人は外出したらしい。
ダクネスは領主の仕事と称して、街の子供たちと戯れ、アクアは金がないと嘆き、街の総菜屋でバイトに勤しんでいるとのこと。
これが特筆すべき点の全くない、日常である。

この時間に2人が屋敷に居ないのはいつものことであり、同時にめぐみんと2人きりになれる数少ない機会でもあった。大切にしなければ。

カズマ「なあ、めぐみん」

めぐみん「なんですか?」

カズマ「良く晴れていい天気だし、こんな日は俺と一緒に同じベッドで二度寝しないか?」

めぐみん「文脈がおかしいじゃないですか! 良く晴れていい天気である必要性が皆無ですよ!」

めぐみんの主張はもっともだった。
ついでに言うと、二度寝する気は微塵もない。
同じベッドで一緒に横になりたかっただけだ。

続きを読む