【悲報】狩野英孝さん(35)、今度はテレビ番組での出演で大炎上してしまうwwwwwwwwwww

1:風吹けば名無し:2018/01/28(日) 19:52:31.26 ID:hLiQM8bW0.net


狩野英孝が猛獣に襲撃され悲鳴…「坂上探検隊」が大炎上

1月27日に放送されたバラエティ番組「坂上探検隊」(フジテレビ系)が大炎上している。

同番組は「世界各地の規格外のスポットを隊員たちが体を張って調査する、まさに“怖い物知らず”のVTRが続々と登場する番組」(公式サイトより)。
中でもお笑い芸人の狩野英孝(35歳)は、南アフリカ共和国の大自然の中、動物の着ぐるみを着て猛獣と“自撮り”するという企画に挑んだが
これが「危険すぎるのではないか」と批判の声が上がっているのだ。

狩野はチーター、ワイルドドッグ、ライオンといった猛獣と“自撮り”する際に、各動物に獲物と思われてしまい、襲撃されて噛まれてしまう。
チーターとライオンについては着ぐるみの外側を噛まれただけで済んだようだが、ワイルドドッグの撮影時には草に擬態する軽めのかぶり物をしていただけで
複数のワイルドドッグに囲まれてガブリとやられ、狩野は「痛っ!」と何度も声を上げていた。

安全な防具を着込んでいるシーンもあったほか、「南アフリカではVTRのように動物に接近する行為は禁止されています。
ただし、今回の撮影は広大な私有地で人に飼われ、人に慣れている動物たちに対して、動物の生態を熟知している所有者の許可と指導のもと、安全に配慮して行いました」
との注意書きも出されるなど、番組側は安全面に十分気を付けての撮影だった旨を伝えてはいたが狩野が噛まれているシーンでもディレクターが笑いながら“自撮り”を指示したり
VTRを見守る出演者たちの大笑いする様がワイプで流れていたり、といったことに違和感を覚えた視聴者は少なくなかったようだ。

Twitterなどネットでは「これ笑える内容なの??」「英孝ちゃん体張りすぎだよ……」「結果無事だったけど、事故起こりそうな企画だよね」「ちょっと不快すぎます」「あまりに可哀想すぎる」
「最悪だよ。気分悪くなった」「あそこまでやらせないといけないのかね?」「今の視聴者がこんな映像求めてるかなぁ」など厳しい声が続々。

ただ、無茶な企画を、勇気をもって遂行した狩野には称賛と労いの声が多々寄せられている。

http://news.livedoor.com/article/detail/14219432/

2:風吹けば名無し:2018/01/28(日) 19:52:43.01 ID:hLiQM8bW0.net


ちな参考画像


続きを読む