【衝撃】自殺で1000年前の記憶が戻った日本人男性の前世が判明か・・・!?

1: 名無しのスコールさん NG NG BE:472367308-PLT(16000).net ID:BE:472367308-PLT(16000).net
自殺未遂が発端となり、1000年前の前世の記憶が戻った日本人男性が大きな話題となっているが、衝撃的な新たな展開をみせた。

・彼の発言を追求し考察
前世の記憶を持っているのは、ニックネーム「マキモジュース」さん。彼は前世の記憶をTwitterで語っていたものの、誰の生まれ変わりなのか、その名前に言及することはなかった。しかし彼の発言を追求し考察したところ、平安時代の第65代天皇である花山法皇(花山天皇)の可能性が高いことが判明したのである。

・エキセントリックな花山法皇

花山法皇は西暦968年11月29日に生まれ、1008年3月17日に亡くなった平安時代の第65代天皇。なかなかのエキセントリックな性格の人物だったようで、出家、建築、絵画、和歌、旅、あらゆる面において多彩な人生を歩んだとされる。

また、肉体関係がある女御も多数おり、その女御の妹とも関係を持つなど、自由奔放な性格をしていたという説もある。

・偏見を持たず時代と発言を考察
マキモジュースさんは以前からTwitterで花山法皇をイメージできる発言をしていたが、今回、Twitterユーザーのニックネーム「妙見」さんが徹底的に考察。偏見を持たず時代とマキモジュースさんの発言を踏まえて考察し、「彼が話している前世は花山法皇」ということで着地した(本当に生まれ変わりなのかどうかは別として)。

・それなりに地位が高い人物
マキモジュースさんは前世で陰陽師の安倍晴明や、公卿の藤原道長と面識があったと発言しており、それなりに地位が高い人物だったと推測されてきたが、花山法皇の生まれ変わりなのであれば、確かに納得の位の高さだ。

(以下略)

長すぎるので画像と詳細は以下ソース
http://buzz-plus.com/article/2018/01/22/emperors-kazan-reincarnation/

引用元:

続きを読む