刺身の「ツマ」は食べる?・・・73%が食べる派 食べない派「貧乏性」「完全に飾り」

WS000010

1:名無しさん@涙目です。:NG NG
食べる派と食べない派で意見が分かれるお刺身の「ツマ」。「ツマ」とは「ケン(大根の細切り)」、「ツマ(ワカメやたでなどの海藻や野菜類)」、
「カラミ(ワサビや生姜など香りもの)」の3つの総称で、お刺身には必ずといっていいほど添えられている。

この「ツマ」について取り上げていたのは9月19日の「ちちんぷいぷい」(毎日放送)。"ツマは食べる派"の山本浩之アナウンサーが、

いつも通り普通に食べていると、家族から「なんで食べるの?」と真顔で問われたという。家族からすれば、ツマは食べるものではないと認識なのだろう。

食べない派の人の中には「ツマまで食べるなんて貧乏症」だと感じている人もいるようだ。

「残ったツマを味噌汁に入れる」という人も
そこで番組では、食べる派と食べない派の意見を調査。北海道・大阪・鹿児島で行った街頭インタビューでは、
73%の人(90人中58人)が「食べる」と回答。理由としては、

「もったいないのもあるけど、栄養があるから」
「さっぱりしてお口直しになる」
「なくてはならない相棒」

などというものの他、スタジオ出演者からの「食べる意味があって添えられていると思うから」という声もあった。

https://news.nifty.com/article/economy/business/12117-7146/

元記事:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1506329890/

続きを読む