ニュージランドで見つかった古い日本の裁縫箱から見つかった写真。被写体の親族は見つからず。

1: 名無しさん@涙目です。(東京都)@\(^o^)/ [US] 2017/09/17(日) 00:31:25.01 ID:z7hZ5LVK0 BE:416336462-PLT(12000) ポイント特典
ニュージーランド在住のツィッターのニックネーム「@irisshackleton」さんはあるときアンティークショップで日本製の古い裁縫箱を購入した。
ところが開けてみると箱からはある家族を写した白黒の古い写真がでてきた。
「@irisshackleton」さんは写真はきっと貴重なものであるはずだと思い、なんとかしてそれに写された人の親族にこの写真を返そうと決意した。
裁縫箱を買った店はすでになく、@irisshackletonさんはSNSに情報を流し、写真の家族の子孫がこれに気づいてくれることに期待をかけた。
写真は瞬く間に広まり、ニュースにまで取り上げられたものの、家族の肖像については全く手掛かりのないまま時間が過ぎた。
この間に唯一特定できたのは写真の撮られただいたいの年代で、複数のユーザーから服装から言って撮影されたのは明治時代、または大正時代だと指摘がなされた。
インターネット時代が到来し、消息が分からなくなっていた人も簡単に見つけられるようになった。
それでも写真から自分の曽祖父、曾祖母までを特定できる人はそう多くない。
とはいえ今回のこの捜査劇はSNSと共に育つ現代っ子らにはなかなかためになるレッスンに終わった。

https://jp.sputniknews.com/culture/201709164091864/
裁縫箱
no title

人物
no title

no title

no title


続きを読む