日本の少子化対策は何故失敗したのか

WS000005

1: :NG
子育て「両立支援」が進んだフランス、スウェーデンで出生率が特に回復
 まずは、欧米(アメリカ、フランス、スウェーデン、イギリス、イタリア、ドイツ)の合計特殊出生率の推移をみます。1960年代までは、全ての国で2.0以上の水準でしたが、1970(昭和45)年から80(昭和55)年ごろにかけて、低下傾向となり、2.0を割り込むように。背景には、子どもの養育費の増大、結婚・出産に対する価値観の変化、避妊の普及等が挙げられています。

 その中で、90年ごろからは、出生率が回復した国も出てきました。特に、フランスやスウェーデンは、出生率が1.5~1.6台まで低下した後、フランス1.98、スウェーデン1.88(ともに2014年)まで戻っています。

 白書では、フランスは、家族手当等の経済的支援中心から、90年代以降、保育の充実へとシフトし、さらに出産・子育てと就労に関して幅広い選択ができるよう「両立支援」の環境整備を強める方向で家族政策が進められた、としています。またスウェーデンは、経済的支援と併せ、保育や育児休業制度といった、こちらも「両立支援」の施策が比較的早い時期から取り組まれてきた、と指摘しています。

 また、出生率が日本(1.42、14年)と近いものの回復がみられるドイツ(1.47、同)は、経済的支援が中心ではあるものの、近年、「両立支援」へ転換を図り、育児休業制度や保育の充実等を相次いで打ち出している、と報告しています

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170501-00000005-wordleaf-soci

元記事:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1493959077/

続きを読む