マッチングアプリにハマる若者たち 「ネットで恋愛」に抵抗のない世代

WS000050

1:和三盆 ★:2017/04/23(日) 17:03:27.98 ID:CAP_USER9.net
大学生などを中心に、オンライン上で異性と出会う「マッチングアプリ」を利用する若者が増えている。

大手企業も多数参入し、盛り上がりをみせるこの市場。国内最大級のマッチングアプリ「Pairs」は、16年12月に会員数500万人を突破した(12年にサービス開始)。そこで、実際に利用しているという女子大学生と、若者の恋愛事情に詳しい専門家に話を聞いた。

20代前半が市場をけん引

マッチングアプリとは、簡単に言えば「出会い系サイト」だ。

ただし、出会い系サイトから連想されるような負のイメージ(なりすまし、架空請求など)を極力排除し、安心安全を担保する仕組みを取り入れている事業者が少なくない。例えば、実名制のフェイスブックとの連携や、公的証明書による年齢確認、事業者による投稿の監視などである。

一般的な使い方としては、まず、自身の顔写真とプロフィールを登録する。そうすると、タイムライン上に、異性の顔写真とプロフィールが流れてくる。気になる異性が見つかれば「いいね」を押し、相手も応じれば「マッチング」が成立。1対1のチャットが可能になる。会話をしておたがい気に入れば実際に会う――といった具合だ。

「マッチングアプリ」のニーズは年々高まっている。調査会社のシード・プランニングの調査では、オンライン恋愛マッチングサービスの市場規模は、2012年の16億円から毎年増伸し、17年には約70億円に達すると予測。同社は、20代前半の若年層を中心に市場の拡大をけん引している、と分析する。

それにともない、受け皿であるプレイヤーの参入も増加。リクルートやマイナビ、ミクシィ、サイバーエージェントなど大手企業も参戦し、「戦国時代」の様相を呈している。

~中略~

ハイスペックな社会人と出会うため

大学生の恋愛事情に詳しい専門家にも話を聞いた。

『つくし世代~「新しい若者」の価値観を読む~』 (光文社新書) の著者で、ADK若者プロジェクトリーダーの藤本耕平氏は、大学生にマッチングアプリが流行っている理由は主に「3点」あると言う。

1点目は、SNSの普及によりデジタル上で友達になる機会が増え、バーチャルでの出会いに抵抗がなくなったため。

2点目は、写真の加工技術が進んで、ハードルが下がったため。

3点目は、女子大生ブランドを活かして、ハイスペックな社会人と出会うため。

ただ、当然、マッチングアプリを無条件で信用するのは危険な面はある。なりすましも含めた利用者の実態や、運営会社の経営状況などの見極めも必要だ。

2017/4/23 9:00 配信
J-castニュース

全文はWeb元でどうぞ。
https://www.j-cast.com/2017/04/23296261.html

元記事:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1492934607/

続きを読む