間違ったテーブルマナー「料理をフォークの背にのせる」「スパゲティでスプーンを使う」

1: 垂直落下式DDT(公衆電話)@\(^o^)/ [ニダ] 2016/11/07(月) 20:38:47.14 ID:DpFjSNSx0 BE:759857947-2BP(1500)
 スプーンという名でありながら、柔らかい切り身をナイフのように切って使う。
さらにソースを絡めた魚をスプーンのようにすくって食べる。

 「淡泊な魚はフィッシュスプーンを使ってソースをしっかり絡めることで、料理のおいしさをフルに味わえる」と井垣さん。
肉料理には切り分けやすい鋭利なナイフが用意される。並べられた道具には料理を一番おいしく味わえるように、という店側の配慮がある。

 日本ホテル・レストランサービス技能協会のテーブルマナー委員長の山口勝さんは「細かいマナーを知らなくても気後れする必要はないが、
フォークの背に料理をのせて食べるのはやめたい」と指摘する。フォークの先で刺したり、曲線の腹の部分にのせたりして口に運ぶ。
http://style.nikkei.com/article/DGXDZO65445630X10C14A1W03501/

no title


続きを読む