結婚全体に占める「再婚」の割合が4分の1に、また晩婚化も進む・・・厚労省公表

最後に成功すればいいって言葉に

1:ひろし ★:2017/01/18(水) 21:53:04.00 ID:CAP_USER9.net
厚生労働省は18日、2015年までの人口動態統計をもとにした、「結婚」についての分析結果を公表した。

男女とも結婚する年齢が上がる晩婚化の傾向が進んだほか、結婚全体に占める再婚の割合が4分の1を占め、調査の比較が可能な1952年以降で過去最高となった。

分析結果によると、2015年の平均結婚年齢は、夫婦とも初婚の場合、夫が30・7歳(14年30・6歳)、妻が29・0歳(同29・0歳)だった。1975年の平均年齢は夫が26・9歳、妻が24・4歳で、男性が3・8歳、女性は4・6歳高くなった。晩婚化は女性が子どもを産むタイミングが遅くなるため、少子化が進む一因との指摘もある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170118-00050100-yom-soci

元記事:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1484743984/

続きを読む