おしゃれや恋愛に全く関心がない「絶食系」若者の影響でリストラや大量閉店が相次ぐアパレル業界

ファストファッションにやられただけのような

1:海江田三郎 ★:2017/01/13(金) 22:08:20.67 ID:CAP_USER.net
アパレル不況が止まらない。婦人向け礼服最大手の東京ソワールは13日、従業員の1割にあたる約30人の
希望退職者を募集すると発表した。レナウンが同日発表した2016年3~11月期連結決算も最終損益が赤字に転落した。
ワールドや三陽商会などアパレル大手でもリストラや大量閉店が相次ぐ。「冬の時代」が続くアパレル業界。
恋愛やおしゃれにまったく関心がない「絶食系」若者の影がちらつく。

■東京ソワール、15年12月期は最終赤字
東京ソワールは50歳以上の社員を対象に希望退職を募る。期間は2月22日から3月3日まで。退職日は3月31日だ。
退職者には所定の退職金に加えて特別退職加算金を支給。希望者には再就職支援も施すとしている。

婦人向けの礼服を得意としてきた東京ソワール。だが、主な販路である百貨店やチェーンストアでは販売が振るわず、2015年12月期には最終赤字に転落した。

不採算ブランドの廃止や赤字店舗の閉鎖などを通じて採算は改善しつつあったというが、「企業競争力を高めるためには、
事業構造改革と事業規模に応じた人員体制への移行が不可欠」(東京ソワール)と判断、今回、人員削減に踏み切った。
苦しい状況に置かれているのは東京ソワールだけではない。13日に2016年3~11月期決算を発表したアパレル大手、
レナウンも厳しい。最終損益は8億6500万円の赤字(前年同期は4億6200万円の黒字)だ。

■三陽商会は2割削減

(続きはサイトで)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ13HMX_T10C17A1000000/

元記事:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1484312900/

続きを読む