孤独死の最後が悲惨過ぎる…どうすんだよ

1: 男色ドライバー(愛知県)@\(^o^)/ [AU] 2016/12/08(木) 17:11:32.13 ID:66BvN1P90
孤独死 漂う無念 現場片付ける特殊清掃

周囲とのつながりが希薄になった現代、孤独死は避けられない課題なのだろうか―。
遺品整理業者の協力を得て、孤独死の現場を片付ける特殊清掃を大分市内で取材した。

 64歳の無職男性の遺体が、1人で暮らしていたアパートで発見された。管理人が気付いた。
本人の日記から、遺体は2カ月半ほど放置されていたとみられ、腐敗が進み、検視で死因は特定されなかった。
 現場に行ったのは今年の晩夏、蒸し暑い日だった。強烈な臭いが部屋にこびり付き、遺体が運び出された後でもすぐに場所は分かった。
ドアの向こうの臭いは、さらにひどいものだった。
中では、遺品整理や生前整理を手掛ける同市の「NICObit(ニコビット)」の江田梢さん(28)と大野久美さん(42)が作業に取り掛かっていた。
 ◆ ◆ ◆ 
 家財道具はそう多くなく、簡素な暮らしぶりだったことがうかがえる。薬や人工肛門用の装具が複数見つかった。体調は悪かったようだ。
主をなくした部屋の辺り一面を、見たことのない多くの黒い虫がはいずり回っていた。
 フローリングの上に畳を敷き、その上の布団で亡くなっていたという。腹をかばうようなくの字になり、頭は布団からはみ出ていた。
死後、黒い体液がフローリングにまで染みていた。男性の目には何が映り、どんな思いで最期を迎えたのだろう。
苦しかったのだろうか、誰かの顔を思い浮かべたのだろうか…。

転載元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1481184692/

【爆笑必至】ヤバイ程に笑えるコピペ貼ってく
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/5137218.html

孤独

続きを読む