30~40代一人暮らし世帯の約5割が貯蓄ゼロという現実

うーむ

1:海江田三郎 ★:2016/11/03(木) 10:50:31.70 ID:CAP_USER.net
 本連載前回記事では、「貯蓄がいくらあればいいか」という質問は万人に共通する回答はなく、
現在の条件や将来の方向性によって大きく異なる、ということについてお伝えしました。

 そうはいっても、「同世代の人はどのくらい貯めているのか」というのは気になるもの。
そこで、今回は、金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査(2015年)」から、
30~40代の金融資産保有額(ここでは「貯蓄」と呼びます)の平均値と中央値を年収別に見ていきましょう。まずは「一人暮らし」の数値です。

●30代(左から年収、平均値、中央値/以下同)
・300万円未満……171万円、0万円
・300~500万円未満……406万円、150万円
・500~750万円未満……1013万円、700万円
・750~1000万円未満……3112万円、1945万円
・1000~1200万円未満……1962万円、2155万円
・1200万円以上……620万円、620万円

●40代
・300万円未満……257万円、0万円
・300~500万円未満……702万円、222万円
・500~750万円未満……1221万円、693万円
・750~1000万円未満……3049万円、1380万円
・1000~1200万円未満……7917万円、5250万円
・1200万円以上……8013万円、4125万円

 いかがでしょうか。ここで、「平均値と中央値って何?」と思われた方もいるかもしれません。
例えば、30代で年収300~500万円未満を見ると、平均値は406万円で中央値は150万円。
「いったい、どっちが“普通”なの?」と感じてしまいますよね。正解は「中央値」で、これは“ど真ん中”のことを指しています

http://biz-journal.jp/2016/09/post_16647_2.html

元記事:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1478137831/

続きを読む