プロテニスプレーヤー・ジョコビッチの生い立ちwwwwwwwwwwwww

03

1: 名無しのスコールさん 2016/08/01(月) 09:31:07.56 ID:ID:2HhfwBOi0.net
ジョコビッチとは

旧ユーゴスラビア、セルビア・ベオグラードのスキーリゾート地でピザレストランを営む両親のもとに生まれる。
併設されたテニスコートに両親の手伝いとして飲料を運ぶなどしていたところ、たまたま訪れていたエレナ・ゲンチッチ
(元女子ナンバー1モニカ・セレシュなどをコーチした名コーチ)がジョコビッチをテニスに誘い、その圧倒的な才能を目にした。
ジョコビッチは必ずトップ選手になれると確信したエレナは両親を説得し、以降彼自身もテニスに没頭。

ジョコビッチ「放課後は友達とも遊ばず、テニスの練習を延々としていたよ」

当時からテニスは仕事であり、ナンバー1になることは自身の義務だと語るほどだった。

しかし10代はじめにはコソボ紛争が激化、3ヶ月近くにわたり地下での生活を余儀なくされることも。
ジョコビッチの父は多額の借金を負いながら、彼をドイツへテニス留学させることを決意。
持ち前の才能とストイックさからトップ選手への道を歩むことになる。

ところが、試合中原因不明の呼吸困難に見舞われるなどもあり、長きにわたりナンバー3の座を甘んじる。
そこへたまたま試合を観戦していた医師がジョコビッチに連絡をとり、小麦アレルギーと判明。
そこからジョコビッチの快進撃がはじまった。

ジョコビッチ「私の幼少期のセルビアは戦争中で、子ども達には選択肢がなく、夢をあきらめざるをえませんでした。
しかし、何があっても私は世界一のテニスプレーヤーになるというミッションをあきらめるわけにはいかなかったのです」

彼は今もナンバー1であり続けている。

勝てるわけないやん

引用元: ・ジョコビッチの生い立ちwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

続きを読む