900万円のクロスワードパズル(美術品)に答えを書いた婆さん 「書けと書いてあるから書いた。私は悪くない」

1 逆落とし(栃木県)@\(^o^)/ :2016/07/21(木) 10:49:24.98 ID:BP5rKCR80●.net


900万円のクロスワードパズルに文字を書き込んでしまったおばあさん、警察から厳重注意を受ける

ドイツの博物館には約900万円の価値があるというクロスワードパズルが展示されているのですが、
観光に訪れたおばあさんがなんとボールペンで文字を書き込んでしまうというアクシデントが発生しています。

問題のクロスワードパズルは、ドイツ・ニュルンベルクにあるゲルマン国立博物館に展示されている
「Reading-work-piece」という作品で、ドイツの芸術家・Arthur Kopcke氏が1977年に制作したもの。
Reading-work-pieceは、一見するとマスが埋まっていない状態のクロスワードパズルのような見た目をしています。
博物館によれば、Reading-work-pieceをもともと持っていた個人コレクターが博物館に寄贈したものだそうで、
8万ユーロ(約933万円)の価値があるとのこと。

クロスワードパズルの隣には、作品の一部として「Insert words.(文字を入れてください)」という文章が
書かれているのですが、博物館を訪れた91歳のおばあさんは、この文章を字面通りに受け取って
クロスワードパズルの穴を文字で埋めていったとのこと。おばあさんは、警察の事情聴取に対して、
「私は、作品の隣に書かれた指示に従って文字を書いただけです。芸術家の指示を無視してほしいならば、
博物館側がそのように注意事項を明記しておくべきです」と語っています。

全文は以下
http://gigazine.net/news/20160721-crossword-museum/

2 リバースネックブリーカー(東京都)@\(^o^)/ :2016/07/21(木) 10:50:19.31 ID:qByy4pUH0.net

おばあちゃんwww

4 腕ひしぎ十字固め(茸)@\(^o^)/ :2016/07/21(木) 10:51:33.46 ID:yBNJnhHS0.net

なんでこれが美術品なんだ?

続きを読む