【パナマ文書】世界中の政治家や資産家の隠し財産情報が大量流出し、東京為替は110円に突入

1: ムーンサルトプレス(空)@\(^o^)/ 2016/04/05(火) 11:26:18.64 ID:srHeo1zh0?2BP(1515)

インターネットlはいわゆるPanama Papers〔パナマ文書〕を巡って激しい興奮状態に陥っている。
文書の量は約 2.6テラバイトあり、数十万のオフショア企業に関連している。リーク元は世界的には
無名のパナマの小さな法律事務所、Mossack Fonseca〔モサック・フォンセカ〕だった。

多くの読者にとってパナマの法律事務所というのはピンと来ない存在だろう。
しかし、モサック・フォンセカのクライアントには政治家、セレブ、スポーツ選手、これまでもスキャンダルの
中心的存在と目されてきた組織などが多数含まれている。

パナマ・ペーパーズによって暴露された情報の中には、 ウラジミール・プーチンの10億ドルのオフショア資産、
アイスランドの首相が持つタックス・ヘイブンではないかとの疑惑に包まれた私企業、そして最近のスキャンダルの
常連である国際的サッカー運営組織、 FIFAが含まれている。FIFAの場合、幹部は個人としても文書中に登場する。

ドイツの当局は2年前からモサック・フォンセカ法律事務所と犯罪組織のつながりに気づき、捜査を進めていた。
Suddeutsche Zeitungの記事によれば法律事務所の内部告発者が情報を当局に売り渡していた模様だ。
捜査の進展とともに複数のヨーロッパの銀行が罰金を課せられ、捜査情報は世界の当局と共有された。

しかし今回のリークは桁外れだ。WikiLeaksが暴露したアメリカ国務省の文書やエドワード・スノウデンの
NSA文書などとは比較にならないほどの重要性を持つ。

ミュンヘンを本拠とするSuddeutche紙はICIJ(International Consortium of Investigative Journalists
=調査ジャーナリストの国際コンソーシアム)と協力して世界各地の100人以上のジャーナリストのを動員して
調査を進め、文書の背景調査と裏付けを行ったという。
http://jp.techcrunch.com/2016/04/04/20160403documents-leaked-from-a-panamanian-law-firm-reveal-a-global-web-of-corruption/

東京為替:東京株は350円安、ドルは110円78銭まで続落
http://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201604050243

転載元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1459823178/

コトリバコの話怖すぎワロタwwwwww
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/5031193.html

パナマ

続きを読む