ネトゲ廃人はどこへ消えたのか

ネトゲ廃人はどこへ消えたのか

1オムコシ ★ :2016/03/23(水) 00:29:14.40 ID:CAP_USER.net

20160322060050

だが、私にとって、今のプロゲーマーより、「ゲーム」を体現し、存在感をアピールした存在といえば、「ネトゲ廃人」だった。

彼らはゲームの中でとりわけプレイ時間を要求するMMOやハック&スラッシュを好んでプレイし、学業や仕事を放り出し、1日何時間も狂ったように遊び続ける人間。

私自身、色々なネットゲームをプレイした経験があるが、大なり小なり、「一体何時間遊び続けているのか」と疑問に思う伝説的なプレイヤーはいたものだ。

彼らの生態を恐れ、一般ゲーマーからは「ボトラー」(意味はご自身で調べて頂きたい)といった言葉で揶揄されたネトゲ廃人は、今ではすっかり見かけることも減った。

ある種、ゲームのダーティーなイメージを代表していたネトゲ廃人は、どこへ消えてしまったのか。

ネトゲ廃人を見かけなくなった最大の理由は、彼らが拠点としていたMMOや、それに類する超大なコンテンツを抱えるタイトル自体が衰退したためだろう。

今でも『FF14』『Diablo 3』『PSO2』などの大規模タイトルはまだ人気があるものの、かつての栄光には遠く、それらのタイトルでさえコンテンツの量自体はかなりヌルくなったらしい。

結局、彼らはヤサごと「浄化」され、その多くは一般的なゲームや競技性の高い対戦ゲームに転居したか、はたまたゲーム自体に冷めてしまったのだろう。では一方で、『狭き門』のアリサのように、心からゲームを愛し、実際に全てを捧げた人々はどこへ向かったのだろう。

恐らくは、ソーシャルゲームではないだろうか。昨今、とあるソシャゲが、そのあまりにあくどいビジネスから新聞沙汰にもなっていたが、彼らの重すぎる愛情を受け止められるのは、現代ではもうソシャゲくらいだと私は思う。

プロゲーマーにせよネトゲ廃人にせよ、MMOにせよソシャゲにせよ、イメージの違いこそあれゲームには人をどこまで夢中にさせる、魅力と狂気が眠っている。

下記より一部抜粋

http://arcadia11.hatenablog.com/entry/2016/03/22/210000

11なまえないよぉ~ :2016/03/23(水) 00:55:35.08 ID:DYw2Djty.net

今もいるんじゃね。少なくなっただけで。

13なまえないよぉ~ :2016/03/23(水) 01:03:06.73 ID:nyyppIl8.net

あの世やろなあ

続きを読む